●芦屋市民オペラって・・・


その歴史

それまで独自の活動を続けていた芦屋交響楽団と芦屋合唱協会が新しい活動の場を求めて「芦屋でオペラをやりたい」と手作りのオペラを始めたのが2002年2月。阪神淡路大震災から7年目、ようやく市民による文化活動が活気を取り戻そうとした頃でした。演目はモーツァルトのオペラ「魔笛」、出演者は芦屋交響楽団と芦屋合唱協会の指導者、合唱歌手たち。指揮と演出は、今回の作曲者、青島広志さんでした。
その後も、多くの方々に支えていただきながら次のような活動を続けてきました。

第1回 2002年2月16日 モーツァルト作曲「魔笛」 指揮・演出/青島広志
第2回 2003年2月15日 John RUTTER アンセム集&ミュージカル「サウンドオブミュージック」 指揮/西牧潤、村上敏雄 演出/桑原建太郎
第3回 2004年1月17日 ヨハン・シュトラウス作曲「こうもり」 指揮/斉田好男 演出/時宗 務
第4回 2005年1月8日  メノッティ作曲「アマールと夜の訪問者」&チャイコフスキー作曲「くるみ割り人形」 指揮/西牧潤、藤田英樹 演出/清水光彦、波多野澄子
第5回 2006年3月4日  モーツァルトファンタジー&ドミニクスミサ 指揮/西牧潤、住吉武 演出/松本修志
第6回 2007年2月3,4日 モーツァルト作曲「フィガロの結婚」 指揮/斉田好男 演出/清水光彦

2004年のオペラ
2007年のオペラ