[ロゴ]

合唱団ボイスフィールドの紹介


合唱団の紹介

 1977(昭和52)年7月、兵庫県芦屋市で産声を上げ、以降も芦屋市に本拠を置く混声合唱団。「ボイスフィールド」という名前には、“世界中を歌声の野原にしたい”という願いが込められている。幼い頃から合唱を続けているベテランから音楽にあまり縁のなかった初心者まで、10代から70代までの男女約30名が、お互いの個性を尊重しながら共に音楽に取り組んでいる。
活動は合唱団創立以来欠かさず開催してきた年1回の定期演奏会のほか、合唱イベント「コーラスめっせ」や兵庫県・芦屋市等の合唱祭への参加、クリスマスコンサートの開催など様々。また演出・演技等を伴ったシアターピースとよばれる合唱劇の上演や、世界各地のユニークな歌の演奏、オーケストラとの共演など、ジャンルに縛られることなく多種多様な音楽に積極的なチャレンジを続けている。さらに青島広志氏、千原英喜氏、石黒晶氏、丸尾喜久子氏、谷岡千代氏、北川昇氏、名田綾子氏を始めとする多くの作曲家に新曲を委嘱するなど、新しい合唱曲の制作にも力を注いでいる。

指揮者の紹介

 天野 裕介 (あまの・ひろゆき)

 甲南大学卒業。ピアノを塩谷アイカ氏、合唱指導・指揮を斉田好男氏、本山秀毅氏、西牧潤氏に師事。甲南大学グリークラブで指揮者を務め、卒業後は母校の甲南学園に勤務しながら合唱指揮、合唱指導、客演指揮、コンクール審査員、生涯学習教室合唱講師等の活動を行っている。現在、合唱団ボイスフィールド、グーターコンパス、神戸ポートシンガーズ、日本製鉄混声合唱団など複数の団体で指揮者を務める。2004年大阪音楽大学第1回サテライト・マスタークラス合唱指揮者コース修了。

ピアニストの紹介

 中野 園子 (なかの・そのこ)

 神戸市生まれ。大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。ピアノを井澤利、近藤達美の各氏に師事。合唱団ボイスフィールドと共に青島広志氏の多くの作品を手がけ、ピアニストとして青島氏と団員からの信頼は厚い。2001年3月には青島広志氏とのピアノ連弾によるリサイタルを開催。

創設指揮者

 西牧 潤 (にしまき・じゅん)

甲南大学理学部応用物理学科卒業。 指揮を小林研一郎、斉田好男の両氏に師事。 合唱団ボイスフィールド、宝塚少年少女合唱団、甲南大学グリークラブ、 神戸ポートシンガーズ指揮者としての活動をベースとしながら、オペラの指揮、オーケストラを伴う合唱作品の演奏、メサイア、第九やオペラなどの副指揮、合唱指揮など、合唱にとどまらない幅広い演奏活動を目指し、また、芦屋市・宝塚市を中心とした地域の音楽活動の振興にも力を注いでいる。大学合唱団、社会人合唱団などへの客演や、作曲家 青島広志氏とシアターピース作品の上演に力を注ぐ一方、宝塚少年少女合唱団と韓国・台北・アメリカ・カナダ・フィンランド・ハンガリー・オーストリアへの演奏活動を行う。
芦屋合唱協会副会長。JCDA日本合唱指揮者協会会員。兵庫県合唱指揮者協会会員。平成指揮者十人の会、21世紀の合唱を考える会合唱人集団『音楽樹』同人。